◆祝電(電報)の送付先

祝電の送付先ですが、披露宴会場で、受取人は父親か本人。

ここで気をつけたいのが、新婦の場合、旧姓で書きましょう。

もし、結婚式会場と披露宴会場が違う場所、違う日時ですと、送り先は披露宴会場のほうがいいでしょう。

結婚式会場でも本人たちには届くでしょうが、結婚式では祝電を読みがあげるというのにあまり遭遇しませんね。

祝電が式次第にあるのは通常披露宴でしょう。

ですので、間違えないように、「披露宴会場」に送りましょう。

Sponsored Link

全国にたくさんあるウェディングプランナー養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

ウェディングプランナーを目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

サイトマップ

プランナーを目指せる学校を一括で表示