資格seek TOP > 結婚seek TOP > 結婚式・披露宴のマナー・常識 > 結婚式・披露宴の祝電(祝福電報)
◆結婚式・披露宴の祝電(祝福電報)

スケジュールが合わないなどで、披露宴に挙式や出席できないが、代わりに祝福の言葉を贈りたいというときに、
祝電(電報)という方法があります。


でも電報って結婚式でもない限り贈ることがあまりないので、どうすればいいかよくわからないものです。

電報にもマナーがあり、贈り方、文例などなど押さえておきたい知識があります。


祝電といえばNTTという感じですが、NTT以外にもネットで調べたらいろいろあります。

祝電を打つときに一番悩むのは、どこを利用するかというのもそうですが、どういう文章を贈るか。
ということでしょう。


ですが、そこは文例集がちゃんとあるので、心配することはないでしょう。

祝電には、結婚式にふさわしくない言葉というのもありますが、
そこはちゃんと業者が練りに練った文例集ですので、安心していいでしょう。


祝電は、披露宴で読み上げられます。
恥ずかしくない内容にしたいものです。

そして、祝電を送った本人の名前を忘れないように入れておきましょう。


ただ、一生に一度の結婚式。

招待されたあなたは、新郎・新婦にとって大事な人でしょう。

やっぱり、自分の言葉で、おめでとうの言葉を贈りたいものです。

その方が、気持ちが伝わりますし、喜ばれるんじゃないでしょうか。

なかなか思いつかない場合、祝電各社の文例集を自分流にアレンジしてもいいかもしれません。


そしてケチらないでそれ相応のものを贈りたいものです。

しかも後々までカタチに残り、思い出に残ります。

それなりのものを贈りたいものですよね。

Sponsored Link

全国にたくさんあるウェディングプランナー養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

ウェディングプランナーを目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

サイトマップ

プランナーを目指せる学校を一括で表示